ロサンゼルス・サンフランシスコ・サンディエゴ・オレンジカウンティ

ハワイ・マウイ・コナ・グアムウェディングのトータルプロデュース

© 2016 I'z BRIDAL ALL RIGHTS RESERVED
 

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page
  • LinkedIn Basic Square
  • Instagram App Icon

よくあるご質問

 

準備はいつから始めたらいいですか?

挙式のご予約は1年前からスタートします。毎年、11月22日(いい夫婦)の日などは人気がありますので、1年前より早いご相談スタートがおススメです。一般的には3ヶ月~8か月前あたりからご相談をスタートするカップル様が多いようです。
お急ぎの場合は1か月を切ってのご準備もご相談くださいませ。

 

人前式はできますか?

会場により、ご対応の可否が異なります。
式場によっては十字架を外すこともできますが、不可能な場合もございますので、式場選びの際には先にプランナーへご相談くださいませ。

 

ゲストにはどんな服装で来てもらえばいいですか?

ハワイ・グアムなどではアロハシャツも正装になります。
アロハシャツでもハーフパンツやサンダルなどはお控えください。
バージンロードを歩くお父様がモーニングなどレンタルされる場合は、事前にご両家のお衣裳をご相談されるとお写真映りもステキになります。

 

美容師は日本人でしょうか?

弊社では日本人美容師のみ在籍しておりますので、ご安心ください。

 

リハーサルメイクはできますか?

基本的に、挙式前日までにリハーサルメイクのご追加が可能です。
ご旅行スケジュールによっては、リハーサルメイクのお申込が難しい場合などもございます。
その際は、雑誌の切り抜きなどイメージ写真をご持参くださいませ。

 

肌が弱くて、お化粧品が心配です。

ファンデーションなどご新婦様が普段お使いのメイク道具でメイクさせて頂いております。
必要なものをご持参くださいませ。

 

つけまつげを付けてもらえますか?

美容師がご用意はしておりませんので、ご持参頂ければお付け致します。
接着剤などもお忘れなくお持ちください。

 

ドレス、タキシードの持込料はかかりますか?

かかりません。

 

ドレスのプレスもやって頂けますか?

有料にて承っておりますが、衣裳のデザインや生地によってはご対応が難しい場合もございますので、現地サロンにて衣裳をご確認させて頂いてからのご対応となります。
プレス料金はエリアにより異なり、承りの場合は現地サロンでご精算頂いております。

 

 

ご列席の方々へ

海外ウェディングに招待された!
とっても嬉しいけれど、どんなことに気をつければいい?
親戚が、友人が、憧れの海外ウェディングをする。招待されてとても嬉しいけれど、結婚するふたりに聞けないこと、ちょっと疑問に思うことがたくさん。ここでその疑問を解消すれば、ふたりへの心からの祝福と日本では味わえない感動で見守る私たちも幸せな気分に。

 

旅費の負担について

旅行費用については、一般的には列席者の方がご自身でご負担になる事が多い様です。

 

出発日を決めましょう。

日程はゆとりを持って、到着日の翌日以降に挙式に参加できるよう出発日を決めましょう。

 

滞在ホテルを確認しましょう。

旅行日程が異なる場合は、出発前までに現地での新郎新婦や他の列席者の方の日程、連絡先を確認しておくと共に、自分の連絡先も伝えておきましょう。

 

携帯電話のレンタルが便利です。

申し込んだ旅行パッケージに携帯電話の無料貸し出しサービスがある場合は利用されると、緊急時に便利です。また、空港のロビーやホテル、カード会社のサービスデスク等で借りられます。手続きと料金引き落としに、クレジットカードが必要になりますので、ご用意下さい。

 

挙式場への送迎を確認しましょう。

挙式当日、式場までの移動方法は前もって、ご自身で確認しておきましょう。挙式場までの送迎は手配した旅行パッケージに含まれていますか?それとも新郎新婦がリムジン、もしくはバンを手配していますか?または、ご自身でタクシーにて移動ですか?出来れば現地の交通事情に熟知している専用リムジン、バン等を手配される事をお勧めします。

 

当日の担当を確認しましょう。

新婚旅行は、新郎新婦だけでゆったり楽しんでもらいたいものですが、挙式の準備で大変忙しいので、なるべく新郎新婦に細かい手配を頼まない様にしましょう。スタッフへチップを渡す係、ウェデイング・コーディネーターとは別に花嫁の身の回りのお世話をする係、当日のパーティーの幹事役等、よりよい挙式にする為に、もし新郎新婦に頼まれたら心よく引き受けましょう。

 

当日の服装を決めましょう。

挙式にふさわしい服装が基本です。例えば、男性なら襟付きシャツ&ネクタイ、ジャケットを着用、女性はよそゆきのワンピースやスーツで結構です。尚、ハワイ挙式の場合、アロハは正装にあたりますので、アロハ、ムームーでの列席ももちろん可能です。

 

集合時間には遅れないように!

集合にはくれぐれも遅れない様に、目覚ましを忘れずに。前日までに全て荷作りを終え、早めの就寝をこころがけましょう。当日は集合時間の30分前には到着する様にしましょう。海外旅行に参加の場合、通常出発時間の2時間前、混んでいる時期であれば3時間前集合が基本です。

 

挙式日のおおまかなスケジュールを確認しましょう。

詳しいスケジュールは必要ありませんが、挙式場へ移動するのであれば、集合時間、挙式時間の確認と、その後の簡単な流れを把握しましょう。

 

現地で衣裳をレンタルすることもできます!

参列者の方も衣裳を日本から持っていくのは荷物になるし、面倒なもの。男性の礼服は現地レンタル衣裳会社で借りる事が出来ます。

 

リハーサルについて

新婦様が新郎様と歩かれるなら別ですが、新婦様のお父様は、新婦様とバージンロードを歩く大役がございます。リハーサル時に練習しますので、全く心配ありません。
リハーサルが挙式前にない場合は、前日打ちあわせ時に確認しましょう。

 

お祝いについて

海外挙式の場合、挙式に参列頂く事がお祝いにあたりますので、挙式の際におふたりにご祝儀をお渡しいただく必要はございませんが、おふたりとのご関係や、日本でパーティーをされる等、それぞれのケースにあわせて、ご祝儀やお祝い品等をお渡ししたいという事であれば、日本でされる事をお勧めします。

 

小さなお子様をお連れの場合

小さなお子様がいらっしゃる場合は、お世話をする人が必ず必要になります。ベビーシッターを頼まれるか、どなたかにお世話をお願いしましょう。挙式中はお菓子やおもちゃをあげてお子様の気がまぎれる様に。また、もし挙式中お子様があきてしまった様であれば、あやしながら静かに席から離れ、遠くから式を見守られても結構です。

 

レセプションパーティーに招かれたら...

挙式後パーティーという形が多いと思いますが、会場名、場所の確認をすると同時に、会費制か否か確認しましょう。ウエルカム・ベア、席札等パーティー会場の装飾を新婦がプランしている場合がありますので、事前に新婦にお手伝いする事がないかどうか聞いてあげると喜ばれるでしょう。